2009/03/06

メンタルヘルス

以前お世話になったクライアント先のプロジェクトを1年半ぶりに出戻ってやっております。勘所が分かるし一緒に仕事する人とも昔なじみなので割りとくみしやすく週5ではなく週4でやらせてもらっております。その分密度を濃く効率よくやるには脳みそをフル稼働させる必要があるので集中力は要します。でも新しい情報を受け入れる刺激という点では少々ものたりないところもあります。

じゃ、余力で新しいことをやればいいじゃん、となるはずなのですが集中力をごそーーと消費したあとの心身ともに疲れた状態(脳のガス欠状態)でさらに鞭をうつには結構酷。これを打開するには何が必要だろう?(鋼のような精神力?それともハイになる薬?)

実際はのこりの週1でいろいろと営業上の仕込みをしたり能力開発しています。だから総量では心身ともに無理しているはずなのですが、こういう仕込み系とか能力開発というのはすぐに成果に結びつかないのであせりが募りがち。で、「もっと、いろいろできるはずなのに・・」という強迫観念に襲われて(実際はそれほどでもないと思うのですが)自堕落しているような自己嫌悪に陥ります。

こういうのを意識しないですむ働き方のほうがある意味気軽ですんだかも。いまはある意味、「生き急いでいる」感じでしょうか。

仕事のパフォーマンスとか能力開発っていうのは一定の上限があって、そのリミッターは(実体およびそれを支えるメンタル面の両方で)急には増えないのかなと思ったりする今日このごろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/24

Dr.Sum 関連、導入事例とDr.Sum EA Datalizer MotionChart

SAP BWユーザーがDr.Sumも併用で使いだしたという事例

中外製薬
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/0902/23/news03.html

以下引用

同社では、月ごとの製品別売り上げ一覧といった定型リポートはSAP BWで、大量データを対象にユーザーがさまざまな角度から分析を行う非定型リポートはDr.Sum EAで行うというBIツールの使い分けが定着した。

所見
さすがに全部のレポートをDr.Sumで置き換えるということはやっていないようだが、大量データ、多次元分析という領域においてはDr.Sum製品に置き換わった様子。確かにパフォーマンスもいいし、サーバーごとのライセンス体系なのでユーザー層を広げて全社展開するのには都合がいいツールだといえる。

なお、2/26(木)に事例紹介セミナーもある様子です。
http://www.wingarc.com/public/detail.php?f_id=245

(参考)当BLOGで取り上げたSAP BW / BIからのおきかえ事例
SPECTRE,BW など(2007年3月)
http://depeche.cocolog-nifty.com/knowledgeyield/2007/03/spectrebw_fd85.html



Dr.Sum EA Datalizer MotionChart

なおDr.Sumを提供するウイングアークテクノロジーズの新製品、Dr.Sum EA Datalizer MotionChart もなかなか面白いツールである。新しい言葉”チャートOLAP”の具現化ツールとして積極的に売り込みをかけているようである。体験セミナーに参加させてもらい拝見したが、なかなかいい感じのツールである。

http://www.wingarc.com/product/dr_sum/seminar/information.php?f_id=101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/26

SAP アップグレード / SOA時代に求められる人材像 / コンサルタント

SAPにまつわるビジネスを人という視点で見ると・・・


SAP基盤分野を通じて見えたスキルとキャリア
http://jibun.atmarkit.co.jp/gtecha/interview/02/interview01.html
⇒アップグレードは言うにおよばず、XI (現PI)も根強いニーズがあるわけですね。

SAPエンジニアだからできた、私のスキルアップ
http://jibun.atmarkit.co.jp/gtecha/interview/01/interview01.html
⇒BW,CRMの案件を中心になさっているとのことで、読んでいて親近感を感じてしまいます

ERPコンサルタントの役割と、3種類のスキルの一般的なバランス
http://jibun.atmarkit.co.jp/gtecha/career/02/career01.html

SOAプロジェクトで求められる新しい役割
http://jibun.atmarkit.co.jp/gtecha/skill/03/skill01.html
⇒より具体的に役割を言及しているのはいいことではないでしょうか。現在はなんでもかんでも「コンサルタント」ですしね。現にこのページの図1の左側はそうなっていますし・・・

ちなみにコンサルタントの単価相場に関してはこんな情報もあったりして、顧客の期待にこたえるためにはよりいっそう精進しないといけないってことですね。
(参考)
図2.こんなにばらつきがある大手と中小ベンダーの人月単価
図3.ユーザー企業が不満を持つITエンジニアの料金と働きぶりの関係
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060811/245758/?ST=upper


他にもいろいろあります。参考になります。
http://jibun.atmarkit.co.jp/gtecha/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2009年もよろしくお願いいたします。