2007/09/03

fish/sushi

What kind of talks do you usually have with your foreign friends?

Sushi is a very good topic. Some non-Japanese people do not like raw fish, but
the most of them are interested in sushi itself ,manner in sushi-restaurant,
Kanji for the fish, which have the same part meaning a fish in the left side.
And for Japanese studying English it is easy to have the common topic shared with
other countries person.

This time I let you know fish related interesting site. I hope you enjoy this collection.


Fish
http://www.coara.or.jp/~sueyoshi/data041.html

Sushi in English
http://allabout.co.jp/study/basicenglish/closeup/CU20041220A/


Sashimi-Hantei
http://www.coara.or.jp/~sueyoshi/food02.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/31

子供連れで気兼ねなく焼肉を!

久々に感動しました!
なにがというと、子供連れ家族が満足できる飲食店ということで。
嫁が先週の金曜日にママ友達から教えてもらってきて、そのとき忘れものをしたということで即効本日行ってきたという次第。予備知識なしに行ったのですが、「文句なし」です。というか、「参りました」。ここまで子供連れの客層にターゲットをしぼった焼肉があったでしょうか?

具体的にいうと、
(1) 2種類のキッズルームがあって、それぞれに保母さんがついていること。
(2) キッズルームのひとつには扇風機がぶんぶん回っていてそれにより大きい風船・小さい風船が宙を舞っていて子供がおおはしゃぎしてます。
(3) もうひとつのキッズルームは(割と知的な遊び場というか)電車の玩具が置いてあったりビデオやDVDが見れる感じになってます。また着せ替え人形のようにコスプレ(?)衣装も用意してあって子供が”なりきり”になれるという感じです。
(4) 子供をそこに預けておけば親は遠慮なく、また子供が炭火に近づいたりというのを心配することなく、腹いっぱい食べれるというわけです。


自分も外食産業・酒販産業の周辺ビジネスにたずさわったこともあり、子供ができてから『子供連れの客層にターゲットを絞った飲食店が(自分が住んでいるエリアに)あれば絶対売れるだろうに』などと思いつつ、自分が手がけるわけでもなく他人まかせに「あればいいのにな」と思っていたわけです。が、ここまで見事に実現されると、圧巻としかいいようがないです。

さて、このキッズルームにまずは「ヤラレタ」と思うわけですが、肉も一品です。信州牛、恐るべし!牛タンは適度な肉厚とジューシさ、レバ刺しもうまいし、鶏肉のナンコツも美味です。まだまだ食べてない肉の種類もいっぱいあるので足しげく通う必要があります。

詳しくは次に記載する、お店のホームページ、BLOG、情報サイトをごらんくださいまし。

[HP]豊島園・かめ屋
http://www.childamusement.jp/yakikame-toshimaen.htm


[BLOG]キッズルーム付きの焼肉屋さん
http://shimizu.blog.ocn.ne.jp/utan/2005/05/post_a87a.html

[情報サイト]かめ屋
* 店内写真は現在のものと異なるようです。いまはテーブル席はございません。
http://www.gcon.jp/h/61640/



(参考)以前感動した焼肉屋
ハワイ・焼肉ヒロシでNapaのレアワイン ETUDE が!
http://depeche.cocolog-nifty.com/knowledgeyield/2005/05/napa_etude__22b0.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/06/30

食事の後や夜にくいっと、ネスプレッソ

最近はまっているのが”ネスプレッソ
http://www.nespresso.co.jp/

その名のとおりネスレ社が提供するエスプレッソです。
都内の大手百貨店でデモコーナーがあったりするのでごらんになった方多いかもしれません。

イタリアンレストランとかで食事のあと、お口直し的にエスプレッソが出されるかと思います。自分は、そのちょびっと(しかもググっと苦い)エスプレッソをいただくと、食事の最後を締めた気分になり満喫感が高まります。むしろ、最後のエスプレッソが楽しくて食事をしているようなものです。

そういう楽しみを自宅でも、気軽に味わえるのがこのネスプレッソです。(宣伝ぽい?)

マシンを買ったあとは、一杯とりのカートリッジと水があれば、あとはお手軽に極上のエスプレッソが作れます。カートリッジも十数種類あるので気分に応じて使い分けることができます。
ねむけざましには強さ10のRistretto,朝の軽快な気分のときは強さ3の Cosi という具合です。カフェラテやカプチーノも作れるので朝の一杯にもぴったし。

カートリッジとかだと割高なのでは?という疑問が出るかもしれませんね。。
だいたい1カートリッジは税込み70円から80円です。高い?
でもスターパックスとかで飲むカフェラテとかだと300円は超えますよね。自宅でほぼ同じのがお手軽にしかも、4分の1ぐらいのお値段で飲めるならこんな嬉しいことはないんじゃないですか!

ちなみに、うちにあるのはD290というオートカプチーノ・カフェラテ機能がついたものです。赤色ボディなのですが、そのフォルムも、インテリアのアクセントになって美しいです。
http://nespresso.co.jp/coffee/machine/d290.htm


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/13

ドミナス ナパヌック (Dominus Napanook 2001)

健康保険組合の保養所が幸い当選してこの週末宿泊してきました。
場所は箱根。箱根で旅館に泊まると間違いなく1人数万円かかるかと
思いますが、破格のお値段でとまれました。しかもきちんと夜・朝の2食つき。
この夜の食事が大変よろしくて嫁も大変喜んでおりました。

さて、本題はその夜に飲んだワインのこと。
いつものように、『ま、最初はビールかな』とドリンクメニューを見はじめたところ
ワインの欄に結構意外感のあるワインが。。

ドミナス・ナパヌック (Dominus Napanook 2001) 

しかも¥5000というお値段で。ワイン飲まない人からすると『それって安いの?』
と思われるかもしれません。自分も世間相場でどれぐらいで売買されているのか
確証はなかったのですが間違いなく『普段レストランでも見ないし、仮にあったとしても
倍ぐらいはするんじゃないかな。。。』と算盤をはじき、いま飲むしかない!と
オーダーしました。
---------------------------------------------------
参考:インターネット通販サイトでの相場
Dominus Napanook 2000 を4536円(完売)
http://www.winegrocery.com/shop/A123/JYP2RYXwE/syoinfo/2632

Dominus Proprietary Red 1997 を10800円(完売)
Dominus Napanook 1996 を8880円(残り4本 asof 20050613)

Dominus Napanook 1999 を4200円(完売)
http://www.rakuten.co.jp/wineparis16/488280/488290/504307/

Dominus Napanook 1998を4500円
http://www.rakuten.co.jp/wineya/430701/430720/
-----------------------------------------------------

そもそもドミナスを飲んだことないので、セカンドというこのワインがどれぐらいの
ポテンシャルを持っているのかも推し量ることができなかったのですが、まず最初に
そのすばらしい香りに圧倒されました。
その日は嫁のお誕生日のお祝いでして乾杯のときに「おめでとう」とこちらから
言うまえに、嫁が「いい、香り」と飲みそうになるぐらいでした(笑)

お味のほうは、非常に滑らかな味わいで、当日の和の夜食にぴったりの取り合わせでした。
飲んでいるときは、葡萄種のバランスはわかりませんでしたが家に帰ってホームページで
見てなるほどと。

Blend:
71% Cabernet Sauvignon
18% Cabernet Franc
7% Merlot
3% Petit Verdot
1% Malbec

Dominus Estate http://www.dominusestate.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/08

ワイン投資ファンド

日経新聞に載っていた「2005ワイン投資ファンド」
ちょっと興味があってホームページを見てみました。

http://www.vin-net.co.jp/


関連情報:
2003年プリムールワイン
http://depeche.cocolog-nifty.com/knowledgeyield/2004/08/2003.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/10

ハワイ・焼肉ヒロシでNapaのレアワイン ETUDE が!

このGWに1歳ちょうどの赤ん坊を連れてハワイに行ってまいりました。
子供連れだったのでそれほどグルメな食べ歩きをしたわけではないのですが
感動的なお店がいくつかあったのでご紹介を。

YAKINIKU HIROSHI ( 焼肉 ヒロシ)
http://www.gnavi.co.jp/world/america/honolulu/w203046/
(ぐるなびクーポンがあるようです)
http://www.ne.jp/asahi/taishin/555/gurume/yakiniku-hiroshi.html

嫁のお友達のだんなさんが勤めるこのお店ですが、ガイドブックにも載る
有名店ですのでご存知の方が多いかもしれません。さてこのお店
お肉がうまいのはすでに知られたとおりなのですが、なんとワインの
品揃えがすごいのです。

ワインリストを見てびっくり!!
ドミナス(Dominus)とかエチュード(Etude)とかカリフォルニアNapaの
ワインとしてはかなりのレア&知名度のワインがリストにずらずらと
並んでいる
のです。

Etudeというワイン、有名なワイン・コンサルタントのトニー・ソーター氏が
手がけるもので以前自分は一度飲んでみたいと思ってワイナリーの
ホームページから直接取り寄せようかと思ったのですが断念した思い出
あるワインです。いまでもホームページには
「Regurationにより特定の州にしか出荷していない。」「もし取り寄せたい
場合は知人かビジネスパートナー経由で取得してほしい」と書いてあります。

Etude
http://www.etudewines.com/

さて飲んだのは、1998年のEtude カベルネ・ソーヴィニョン。
お店価格としては$150でしたがワイナリーからの出し値でも$90ぐらいなので
まずまずのお得感といえます。(飲食店は小売価格の数倍でサーブされるという
前提からの発言ですが)

ハワイでワイン?という違和感があるかもしれませんが、巨大なワインセラーが
店内にどーーんと設置され、適切に管理されているためおいしくいただけました。
(非常になめらかなカベルネでボルドーのラフィットのような優雅さのあるワインでした)

Napaのレア・ワインに関していえば、アメリカから日本へ流れよりも
アメリカ本土からハワイからへの流れを捕捉して、飲むほうがいいかもしれません
。。


■ハワイに行く予定のワイン愛好家の方々へ
焼肉ヒロシに行くといろいろなNapaワインを楽しめますので是非足を運んでみてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/27

2003年プリムールワイン

2003年は結婚記念年ということで、はじめての試みですが
プリムールワインを購入してみました。

「プリムール」の詳細はWeb検索してもらうとして簡単にいうと
ワインの先物予約販売みたいなものです。今回ですと2003年に
収穫され樽づめされたものを2004年に売り出されて”現時点の値づけ”で
買うことができ、2006年に瓶つめされて出荷されたときに届くという
わけです。
将来そのワインの人気がでて高騰したら差額分とくするわけですが
逆もありえることは覚悟しておかないといけません。とはいえ
プリムールになるようなワインはある程度知名度があるわけで
値崩れしたとしても自分で賞味すれば幸せな気分が味わえるので
それはそれとして納得いくというものです。

さて、買ったのは、2003年のムートン(Mouton Rothschild) 1本と
ロル・ヴァランタン(Rol Valentin) 6本。ムートンはラベルが楽しめる
からということと記念の1本という感じですが、Rol Valentin は
ヴァランドローみたいに「大きく化ける」のを期待しております。
出荷される本数が少ないですし、RP:92-94 WS:92-94 という
評価もあることですし、3年後どうなっているか楽しみです。

参考情報:(2005/06/08追記)
ボルドー超有名シャトー訪問記 その八
http://www.rakuten.co.jp/veritas/449742/463406/

| | コメント (0) | トラックバック (0)